トップページへ

平成30年度の相談

  平成29年度の相談  令和元年度の相談  令和2年度の相談


3月の相談例

1. 質問: パキラの葉に斑点がついた。薬は?
   回答: まず、虫害か病害か見極める。相談の場合は病害と思われるので、ベンレート1000倍を散布する。

2. 質問: スイセンを来年も咲かせたい。
   回答: 葉を切らず花ガラだけを取って化成肥料を施し、夏の間はネットで保管し10月中旬に植える。

3. 質問: ナス、ピーマンの幼苗を根元から切られる。
   回答: 虫害でしょう。浸透移行性の土にまく薬で防いでください。

2月の相談例

1. 質問: センリョウがお正月に赤い実を付けなかった。
   回答: センリョウの花が咲いた頃、大雨が降ったり水撒きを頻繁にして受粉が落ちたのでは。

2. 質問: マンリョウは移植したら枯れてしまうか。
   回答: マンリョウは直根なので移植を嫌う。

3. 質問: オランダカイウは霜よけが必要ですか。
   回答: 玄関に入れてあれば葉は緑。霜に当てれば葉は薄茶色になりますが、新葉は出て来ます。厳寒期は何か上にのせましょう。

1月の相談例

1. 質問: ネリネが今年咲かなかった。咲かせるには。
   回答: 持参したネリネの鉢が大きいので3球とも5号鉢に移し、鉢底に緩効性肥料を入れて育てて下さい。

2. 質問: ノースポールと春菊の区別は。
   回答: 前に植えられていたタネがこぼれて出て来たと思われるのでノースポール(白い花)でしょう。春菊は黄色い花。

3. 質問: ノースポールを暮れに2株買った。タネとりをした方が良いのか、こぼれダネを期待した方が良いのか。
   回答: タネとりより順調に生育させてこぼれダネを期待した方が成功に近づくでしょう。

12月の相談例

1. 質問: カランコエが今頃咲いてきた。
   回答: 短日植物なので日が短くなると咲きはじめます。霜に弱いので戸外はダメ。

2. 質問: ネリネが咲かなかったので咲く様にしたい。
   回答: 3本の球根に対し鉢が大きいので6号鉢くらいに下げて育てましょう。

3. 質問: サザンカが良く咲くのは猛暑の影響か。
   回答: 猛暑、酷暑で花芽つきが良かったと樹木医の先生が話していました。

ページの先頭へ

11月の相談例

1. 質問: シャコバサボテンの冬越し。
   回答: 水のやりすぎに注意。花が2㎝位大きくならないと移動すると花が落ちます。

2. 質問: ポインセチアの冬の水やり。
   回答: ポインセチアは季節の花。12月25日まではしっかりもたしましょう。夜の水やりは避けてかならず朝。夕方の露水は避け、鉢皿に水をためるのでバツ。

3. 質問: 10月28日にキンギョソウ、ポピー、ハナナのタネ播きをした。直播の足跡の部分が圧がかかったらしく本葉が出て来た。育つか。
   回答: 芽が出たのはポピーでこれからゆっくりではあるが育っていきます。

ページの先頭へ

10月の相談例

1. 質問: ミョウガの植え替え時期。
   回答: ミョウガを収穫してから植え替えます。

2. 質問: スイセンを肥料無しで植えた。後から肥料を入れてよいか
   回答: 緩効性肥料をあげてください。

ページの先頭へ

9月の相談例

1. 質問: 涼しくなったので、観葉植物を取り込む月日を知りたい。
   回答: 高温の観葉植物なら10℃。霜に当たらない程度なら8℃。

2. 質問: オオキンケイギクは特定外来種か。
   回答: 確かに綺麗ですが、特定外来種になる。

8月の相談例

1. 質問: ドラセナ・コンシンネが天井についている。どうしたら良いのか。
   回答: 1番は取り木。環状剥皮をして水苔をまく。2番は挿し木。根が出やすい株に花びん等に挿しておく。1ヵ月半かかるが根は出る。

ページの先頭へ

7月の相談例

1. 質問: センリョウの実がなった。去年は0本、今年は3本。このまま赤くなるのか。
   回答: 今は猛暑なのでそのまま水をあげて下さい。来年3月以降に株分けをして花芽を殖やしましょう。

2. 質問: 夏場に水やりについて
   回答: 2回必ずあげなければいけないという事はないが、この猛暑の間は2回が良いでしょう。特に小さな鉢やポットの場合は必要です。

3. 質問: ミョウガの株分けはいつ。
   回答: 花ミョウガの収穫後。暑いこの時期は水やりを忘れずに。

4. 質問: カランコエの根元が腐る。
   回答: 初期ならばベンレートで助く。

ページの先頭へ

6月の相談例

1. 質問: サクラソウのプランターの古土再生方法。
   回答: 古土は袋に入れて口を縛り消毒。さました土6に腐葉土4を入れる。

2. 質問: バラに白くて小さな虫がついた。
   回答: コナジラミでしょう。殺虫剤をかけて下さい。主に逃げる木にもかけます。

3. 質問: ハナショウブの花後株分けをした。肥料はいつからあげるのか。
   回答: 株分けした折、植える時に緩効性肥料を元肥としてあげます。粒々の化成肥料でしたら2週間後から追肥としてあげる。

4. 質問: アジサイの挿し木をしたい。
   回答: 15㎝位の挿し穂になる枝を肥料の無い清潔な土に挿します。

ページの先頭へ

5月の相談例

1. 質問: ミカンの樹の切り方。
   回答: 平行枝、交差枝、弱い枝を切る。

2. 質問: ジャーマンアイリスの葉は切った方が良いのか。
   回答: 植えかえる際には浅植えで倒れるから切ります。今年咲いた生姜の根状の株は咲きませんので取り除く。

3. 質問: バラの花が咲かない。アリがいたので駆除方法は。
   回答: オルトランの粒剤があったら土の上にまいて水やりをする。浸透移行性の薬ですい上げる方法で駆除。エアゾール式のものを散布。

ページの先頭へ

4月の相談例

1. 質問: スイセンの花後の手入れ。
   回答: 球根を太らせる意味で花だけをつまみ、葉と茎を残し養分が球根に移行し、少々の化成肥料を施して6月1日まで置き掘り上げます。親と子は来年球根が花芽を持ちますが、孫は球根が小さいため次の年となります。

2. 質問: サフィニアを育ててみたい。
   回答: 3シーズン咲く花として評判です。伸びすぎると花が先端にしか付かず垂れるので、ピンチ(切り戻し)が必要です。

3. 質問: パンジーがクタクタする。
   回答: パンジーの鑑賞期間が終わりかけ、水やりが多すぎ伸びすぎた。気温が上ると同時に伸びる期間ではある。

ページの先頭へ