トップページへ

平成29年度の相談

  平成30年度の相談  令和元年度の相談  令和2年度の相談


3月の相談例

1. 質問: 春の寄せ植えにむく草花。
   回答: ペチュニア・バーベナ・ネモフィラなど、小さくてもたくさん花の咲くものが良い。

2. 質問: 庭木(ウメ、ツバキ、アジサイ、モミジ)の寒肥の時期を外した。あげた方が良いか。
   回答: あげましょう。寒の頃の寒肥より花の咲いた後の御礼肥のつもりで施肥しましょう。

2月の相談例

1. 質問: ネリネが咲かない。
   回答: 栄養不足なので緩効性肥料をあげる。

2. 質問: スイセンに毒があると聞いている。側に出て来たフキノトウは食べても良いか。
   回答: ヒガンバナ科の球根を食べない限り心配ない。

3. 質問: ネモフィラの苗を買った。地植えにして大丈夫か。
   回答: ネモフィラは秋播き一年草。種蒔きしたものはまだ咲かない。寒さは大丈夫。ガーデンセンターで購入したものは温室育ちなので、植えた一週間は寒さよけをして外気温が二桁になったらそのままで良い。

4. 質問: EМ菌とは。
   回答: 沖縄琉球大学の比嘉先生推薦の有用微生物群。主に植物を健康に保つ予防薬。

1月の相談例

1. 質問: 月下美人の茎葉が赤くなった。
   回答: 寒さを感じています。何かかけるか室内にしまう。

2. 質問: パンジーが寒がっているように思う。
   回答: パンジーは-5℃まで耐えられる。心配であったら新聞紙にふせておく。

3. 質問: オクラの栽培について。
   回答: ゴールデンウィークにタネを蒔きましょう。。

4. 質問: ネリネが咲かなかった。
   回答: 花後の肥料が足りなかった。

12月の相談例

1. 質問: ポインセチアの育て方。
   回答: 寒さに弱いので、日中のみ戸外、基本室内。葉は寒にあうと黄色くなって落ちるので、夜間は暖かくする。

2. 質問: ネリネが咲かなくなった。
   回答: 葉が出るだけになったネリネは球根が痩せてきた証拠。緩効性肥料をあげる。

3. 質問: ツバキのカイガラムシの駆除について。
   回答: 粘土ベラで落とし、飛び散った地面にスミチオンをかける。

ページの先頭へ

11月の相談例

1. 質問: 冬に観葉植物を取り込んだ後の手入れ。
   回答: 観葉植物は熱帯地方原産のものが多く、温度が低くなったら室内に取り込み、南側の日当たりの良いところに並べます。空中湿度がある方がよいので、霧を10日に1回位吹き成長期ではないので肥料はあげません。

2. 質問: パンジーは今植えて寒さで痛むことはないか。
   回答: パンジーは最低温度-5℃まで耐えられると言われているので寒さには強い。株の上に雪が積もっても雪が解けるまでそのままにして大丈夫です。

3. 質問: シュロの鉢に子供が出来、株分けした子供の葉が黄色い。
   回答: 化成肥料をあげ過ぎたのではないか。

ページの先頭へ

10月の相談例

1. 質問: クリスマス・ローズ(レンテン・ローズ)に新しい葉が出て来た。葉を切る時期。肥料の時期。植え替え時期。
   回答: ヘレボラスの仲間は、冬の寒さに強く、涼しくなった秋に成長期を迎えます。新しいは葉は、9月中旬から10月に出て来ます。 その新しい葉にかかる葉は切ります。(全部切るのは12月~1月) 肥料は今あげ、植え替えも今。  鉢から地植えにするのも秋です。

ページの先頭へ

9月の相談例

1. 質問: ヒガンバナは巾着田と言われる位田んぼに育つのか。
   回答: 水分がある方が好きです。球根も太ります。

2. 質問: 萩には早咲きと遅咲きがあるのか。
   回答: 品種によっては7月頃に咲くものと秋咲きがある。。

3. 質問: ユリの植栽について。
   回答: ユリの植替えは10月に入ってから少し深植えがむく。

4. 質問: マンガンジトウガラシのタネとり。
   回答: マンガンジトウガラシはタネの自家採取は赤く熟してから。

8月の相談例

1. 質問: ポーチュラカの挿し芽の方法。
   回答:2節位切って土にさす。ポーチュラカは雑草のスベリヒユの仲間で繁殖しやすい。

2. 質問: ツバキはいつ切る。
   回答:ツバキは常緑樹。3月に小枝を切るのはいつでもいい。

3. 質問: モミジはいつ切る。
   回答:モミジは落葉樹。冬に小枝を切るのはいつでもいい。

ページの先頭へ

7月の相談例

1. 質問:アジサイの花後の剪定について。
   回答:花だけを切るか草丈を低くするか決める。

2. 質問:巨峰に実が付くが虫にやられる。
   回答:今からでも実の付いている房に袋かけをする。

3. 質問:ツバキの剪定について。
   回答:ツバキの剪定は花後すぐ切る。今の時期は透かす程度。

4. 質問:アロエの親が枯れて子どもが出来た。その子供を育てたいがどうするのか。
   回答:猛暑の折は1週間の水だけにし、25℃の外気温になったら植え替えをしましょう。

ページの先頭へ

6月の相談例

1. 質問: アジサイの花を来年も咲かせたい。
   回答: 7月中旬までに切る。

2. 質問: サフィニアの挿し芽。
   回答: 6月の梅雨時にする。先端の花の所より茎のしっかりしている所を選ぶ。

3. 質問: スイセンの堀上げ時期。
   回答: 6月1日頃に掘り上げる(梅雨前)。

4. 質問: 松にカビ、苔のようなものがついた。
   回答: ベンレートを散布してみる。樹が弱っていると思うので寒肥と夏の水やり。

ページの先頭へ

5月の相談例

1. 質問: クンシランの花後の手入れについて。
   回答: 花茎は切らずにそのまま。花後の肥料を施肥。

2. 質問: ペチュニアを植えたいが注意点は。
   回答: 雨に弱い。プランター植えなら長雨、大雨は軒下に。日当たりが好き。ナメクジを捕獲する。

3. 質問: アロエが枯れたが小さな芽が出ている。育てるには。
   回答: 霜で枯れた部分の脇の芽は赤ちゃん。いきなり肥料はあげないで、しばらく水で育ててから油粕を。

4. 質問: サツキの花後の剪定について。
   回答: 6月中旬までには切る。

ページの先頭へ

4月の相談例

1. 質問: ゴーヤのタネが3週間経っても発芽しない。
   回答: 発芽の温度が低いので発芽しない。気温(地温)が高くなると出て来ます。

2. 質問: クレマチスの今後の育て方について。
   回答: 地面に植えるか鉢植えのまま続いて育てるか決め、地植えは穴を深く植える。上部は冬枯れるが根が生きているので水やりを忘れない。

3. 質問: アジサイの今後の育て方について。
   回答: アジサイは花が終わったら切り、御礼肥をあげます。

4. 質問: バラの鉢植えを頂いたのだが、二番花が茶色くなったのはなぜか。
   回答: バラの開花期は5月中旬から母の日をめざしてストレスがかかった為、二番花が咲きにくくなった。つまんで三番花を咲かせましょう。

5. 質問: ブーゲンベリアの鉢の育て方について。
   回答: 日に当てて、冬は家の中に入れてください。

ページの先頭へ