トップページへ

令和2年度の相談

  平成29年度の相談  平成30年度の相談  令和元年度の相談


9月の相談例

1. 質問: ムラサキシキブの実が淡い色になった。
   回答: 長雨と日照不足はどこでも実が小さく色がうすいです。

2. 質問: 木神にすす病がついた。
   回答: スプレーのエアゾール殺虫・殺菌剤を散布する。

3. 質問: ポインセチアの緑を赤くしたい。
   回答: 短日処理しましょう。

ページの先頭へ //-->

8月の相談例

1. 質問: クレマチスが切り戻ししてから-輪しか咲かない。
   回答: クレマチスの生育適温より猛暑なのでそういう事もあるでしょう肥料は暑さがおさまってから。

2. 質問: 夏の花を変えて秋の花壇にするには何が良いでしょう。
   回答: ペチュニアが長雨で良く咲くかなかったので温度が少し低くなってから、秋のトレニア等植えましょう キク、暑さに強いペンタス。

3. 質問: クジャクサボテン、花がついてから動かしてはいけないのか?。
   回答: シヤコバは移動すれば蕾が落ちる事もあるのでクジャクサボテンもその気はあるのでしょう。

ページの先頭へ //-->

7月の相談例

1. 質問: サルビアを無償でいただいた植え方の報告。
   回答: サルビアは短日植物なので街灯のない場所に植えましょう。

2. 質問: シレモをもう一度咲かせたい。
   回答: 秋播-年草ですからタネを播いて下さい。

3. 質問: レアトリスが枯れた。
   回答: リアトリスは宿根草、排水の良い土を好む為水持ちが良すぎる土は枯れる。

4. 質問: アジサイた丈を短くしたい、来年も咲く様に。
   回答: 強剪定はxダメ、伸びすぎたものは木化した所まで切らない。

ページの先頭へ

6月の相談例

1. 質問: ウメの木にカイガラムシがついた。粒状オルトランが効くと言われたが、良く読んだら草花用のようだ。
   回答: 粒状オルトランは浸透移行性のアブラムシに効果がある。ウメのカイガラムシはカタタマカイガラムシと思われますので、エアゾール式か希釈してポンプに入れる方法が良いと思います。

2. 質問: ユリの茎に丸い茶色いものがついた。
   回答: 病気ではなく木子です。

3. 質問: アジサイはいつ切るか。
   回答: 時期的に6月下旬から7月上旬が良いでしょう。

4. 質問: カーネーション、宿根草なので来年も咲くのか。
   回答: さび病にならなかったら咲きます。

ページの先頭へ

5月の相談例

1. 質問: アマリリスの花後の手入れ。地植えにしたい。
   回答: 冬の寒さを考えたら霜、雪の当たらないこと。玉葱状の球根を少し出して植える。

2. 質問: クンシランの葉が黄色くなってきた。
   回答: コガネムシの幼虫がいるのなら鉢の土を変える。新葉が出て来る時に黄色くなる事がある。日が当たりすぎる(日焼け)

3. 質問: クレチマスの花に丸い穴があく。何か。
   回答: ナメクジ。夜行性なので10時頃捕獲しましょう。薬は効果はあるが数匹です。

ページの先頭へ

4月の相談例

1. 質問: スイセンの花後の手入れについて。
   回答: 植え替えは3年に1度。葉は切らず、花が終わったら速効性の肥料で疲れを回復。9月から10月に植える時緩効性肥料を施した土に植えます

2. 質問: クラスラが枯れた。さし芽の方法について。
   回答: 土に虫がいる時があるのでその土は使わない。枝のある所を7~8㎝切って乾かしてさす。

3. 質問: 庭にさくらそうがあちらこちらに出てきている。1つにまとめられるのか。
   回答: さくらそうはプリムラ・マラコイデスで一年草。種がこぼれてあちらこちらに咲いているのなら、種取りをお勧めします。開花時期はもうすぐ終わりなので、プランターにまとめるのは危ない。

ページの先頭へ