トップページへ

 新川千本桜植栽事業は新川両岸に約1、200本の桜を植栽し、新川を桜の名所にしようという目的で、平成12年より、市と市民の協力によって進められてきました。 事業の対象区域は、大和田排水機場から阿宗橋までで、平成24年4月現在、約1,500本の桜が植栽され、桜の名所として市民の憩いの場になっています。 環境緑化公社の新川千本桜管理業務は、平成18年、千本桜の管理を市から受託したことから始まり、重要な観光資源として「新川千本桜」の価値を更に高めるためボランティア(※注)の皆さんと役割を適性に分担し、連携して管理に当たっています。 ボランティア団体は桜木の幹回り周囲1mの範囲の除草や不要枝の剪定などの作業を行っています。また、公社においては、桜の木と木の間の草刈りと病害虫防除の業務を受託する他、ボランティアでは対応できない高枝の剪定、枯損木の撤去や補植などを行っています。 また、ボランティア団体への支援として草刈り機に使用する燃料費や樹木医による講師料の支援などを行っています。

※新川千本桜の会
  新川千本桜植栽事業委員会(市民、花と緑の基金、造園協会,市が参加)が、「市民の参加により植栽した桜については、市民の参加で維持管理していただく」という事業目的に沿って、ボランティアの募集を行いました。この募集により、平成15年4月17日に「新川千本桜の会」が発足(発足時会員数117名)し、平成24年4月現在まで1班〜9班に分かれ積極的にボランティア活動に取り組んでいます。(市土木建設課資料より)
新川の桜 新川の桜作業風景

千本桜の会「4班」の皆さんと公社職員による桜の補植作業―H26.2.27

26日と27日の2日間にわたり、城橋右岸の4班担当区域に桜3種類15本(ソメイヨシノ・オオシマ・オモイガワ)を補植しました。他班のものも合わせると計35本となります。今まで4班のメインとなるサクラは「陽光」でした。 この日植えた3種が元気に育って、綺麗な花を咲かせる日が待たれます。

サクラの補植サクラの補植

公社職員による桜管理作業―H26.7.22

この日の作業は宮内橋左岸の草刈り。2人の職員が中型のバロネス(草刈り機)と大きなキャタピラを使って刈っていくのですが、写真の通り土手は傾斜がきつく、大きな機械を使っての作業は大変。その上、この暑さ。あっと言う間に伸びていく草との戦いは、これから夏の間中続きます。

新川土手の草刈り作業新川土手の草刈り作業新川土手の草刈り作業

桜管理保全講習会―H26.3.10

嵐のような強風の中、講師と関係者を含め約30人が城橋の袂の駐車場に集合。 この日は、講師と一緒に城橋から八千代橋までのサクラを観察しながら歩きます。(千本桜の会“3班”の担当区域)。植栽されている桜は主に「陽光(注1)。 スタートする前に講師から、「植栽時に取り付けた添え木を成木となっても外さないのは、桜にとって大変良くありません。生長した木に添え木の結束材がくい込み、後々、悪影響を及ぼします。」 「また、剪定したあとの切り口には、菌の侵入を防ぐための癒合剤、或いは殺菌剤を塗布します。特に、太枝を切った場合は必ず実行しましょう。」 「枯れた枝はそのままにしないで、枝の基部までカットします。そのことによって、腐食が全体に及ぶことを防ぎます。」・・・等、基本的な注意事項について説明を受けました。 その後、猛烈な砂嵐の中を歩き始めてすぐに、45度以上傾いているのではないかと思えるような桜が目の前に。根を張るスペースも余りない場所で、強い風に逆らわず置かれた環境を享受して立つ桜。このような、木が本来もっている力に人の力を上手く添えることができれば、桜の未来が明るくなるのでは・・・。
注1:アマギヨシノとカンヒザクラとの交配によって作出されたサクラ。

新川千本桜管理業務―H28.8.22

今年始めての台風が関東に上陸しました。八千代市も大雨と強風により沢山の桜の木が倒れました。 倒れかけた桜の木を千本桜の会の会員の方と一緒に復旧作業を行うとともに撤去作業に追われました。

「お花見大好き!サクラ大好き!」な皆さん。  その力を新川のサクラのために貸していただけませんか?

「新川千本桜の会の皆さんと活動しても良いかな・・・」とお考えでしたら、こちらまで。
気楽に、1本のサクラの木の周りから始めてみてはどうでしょうか。

   新川千本桜植栽分布表

植栽区域植栽数メインのサクラと「千本桜の会」―班名
村上橋から城橋までの左岸171本メインの桜は「陽光」で、主に1班が作業を担当しています。
村上橋から城橋までの右岸173本メインの桜は「陽光」で、主に2班が作業を担当しています。
城橋から八千代橋までの左岸192本メインの桜は「陽光」で、主に3班が作業を担当しています。
城橋から八千代橋までの右岸164本メインの桜は「陽光」で、主に4班が作業を担当しています。
八千代橋から平戸橋までの左岸149本メインの桜は「河津桜」で、主に5班が作業を担当しています。
平戸橋から神尾橋までの左岸100本メインの桜は「河津桜」で、主に6班が作業を担当しています。
八千代橋から神尾橋までの右岸195本メインの桜は「河津桜」で、主に7班が作業を担当しています。
大和田排水機場から村上橋までの両岸106本メインの桜は「染井吉野」で、主に8班が作業を担当しています。
神尾橋から阿宗橋までの両岸223本メインの桜は「河津桜」で、主に9班が作業を担当しています。

ページの先頭へ戻る