トップページへ

緑化団体・緑化活動紹介

リファインドヒルズ自治会

 11月12日(土)村上の黒沢台第二公園内の花壇と木製プランターなどに、配布されたパンジーの苗を11名で手際よく配置をきめ植栽していました。 この花壇は当初はガーデニングクラブが管理しておりましたが、3年位前からリファインドヒルズ自治会の方が管理しています。パンジーの植栽当日は、ガーデニングクラブの元メンバーの方も一緒になって植栽をしていました。花壇の管理のほかに緑道などの清掃も行っています。

美香会アゼリアガーデン (グループホーム・ディサービス美乃里)

 村上のアゼリアガーデンの通りに面した正面入り口の三角花壇や建物横のスペースに色鮮やかなサルビアや小菊など季節感あふれる花や野菜など植栽しています。入所者の皆さんにのんびり、 心穏やかな気持ちで過ごしてもらおうと職員の皆さんは業務の合間を見ながら管理しているそうで、職員の皆さんの思いやりの心がうかがえます。

友愛みどり園

緑が丘駅周辺の歩道上の花壇に植栽活動をしている友愛みどり園さん。 アダプト制度が始まった当初から活動しています。園では5つのグループがありその内のガジュマル班のみなさんが7月にサルビアを植栽しました。 近隣の方や小学生のみなさんがお手伝いしてくれることもあり、道行く人から「きれいね」と声を掛けられるのが励みとなり頑張っています。

なんてん会

村上団地に囲まれた村上第一公園の一角にある花壇が,なんてん会の活動場所です。 11月14日(土)この日は天候が悪いにもかかわらず6名のメンバーが集まり土作りからパンジーの配置を決め手際よく植栽していました。 なんてん会は、アダプト制度の施行から活動しており近隣の方から、「いつも綺麗ね。」と声を掛けられるのを励みに頑張っています。 近くに水場が無く水やりに苦労していると話をされておりましたが,良く管理されていました。

勝田台南小学校のボランティア

勝田台南小学校の花壇は,学校関係者とボランティアさんにより維持管理され常に整備されています。今回配布されたサルビア・小菊は二か所の花壇に外側は小菊、内側にはサルビアを、 正門の通路脇には、小菊を見栄えよく植栽していました。小菊は前年度配布されたものを株分けし,植えられていました。

大学町シニアクラブ

現在、最高齢89歳(平均74歳)を筆頭に55名の会員の皆様が、常日頃から町民の散歩等の憩いの場として、また、子供達の成育に必要な遊び場として利用している佐山児童公園の清掃や花苗の植栽など、 地域に根ざした環境美化活動に積極的に取り組んでいます。 当公社が配布した花苗の植栽、「花壇づくり」などの作業(時には子供たちの参加)や「夏場の水やり」、「除草」などの維持管理も大変ですが、綺麗に開花した時の喜びの顔と楽しい会話、そして、町民の方からの「ご苦労様」「綺麗に咲きましたね」の言葉も頂きます この様な清掃美化活動が結果として町内を明るく防犯上にも役立つなど町づくりの一助になればと頑張っています。

菊花展―八千代菊花会

八千代菊花会は、昭和39年に発足し、今年で50周年を迎えました。 会場を飯綱神社から麦丸に移して行われている菊花展は、10月21日から11月15日まで開催され,多くの来場者で賑わいました。 会員の皆さんが我が子のように愛しみ、丹精込めて育てた様子が作品から伝わってきました。どの作品も素晴らしく、今後のご活躍を期待し、若い世代に引き継がれていく事を願っています。

(株)エコマイニング管理花壇

上高野にある、交通量の多い幹線道路に面した花壇。歩道に面して、フェンス越しにパンジーの花が植えられています。 主に植栽などの面倒を見ているのは2人の女性社員さんで、入口奥にもハボタンの花壇やきれいに作り上げられた寄せ植えが飾られています。 花を見ながら通る皆さんに声を掛けられる機会も増えたとか。

八千代台近隣公園愛護会

八千代台近隣公園周辺は、以前は一面、田んぼが広がっていました。それもあってか、駅に近い環境のわりには広々として、のどかな雰囲気が残っています。 公園中央付近にはパンジーなどの花々が植栽されたタイル囲いの立派な花壇が。 2年くらい前まではクマザサや雑草が主役だった花壇を会の皆さんが一から耕し、今の姿にしました。

新山台管理花壇

「間口がとても広く奥行も結構あり、管理も相当大変なのでは」と、ご苦労が想像されるほどの広い花壇です。ここを幾つかの班に分け、各班で自由な中にも責任をもって植栽しています。 12月6日、数名の会員の方たちがパンジーの植栽をするのに合わせて取材をさせていただきました。
12月に入り、さすがに花は少なくなってきてはいるものの、まだ秋の名残りがあちこちに・・・。 以前(5月頃)通りかかった時見かけた見事な花壇を思い出しました。

ゆりのき台8丁目自治会花壇

9月下旬、萱田小学校に隣接する広場の花壇の取材に伺いました。 今回、取材に応じてくれたのはまだお子さんが小学生くらい、或いは幼稚園児かしら?と思えるような若いお母さんお二人。 これまで取材してきた現場同様、ここも以前は草が茂る荒れた状態でしたが、皆さんの努力で今は写真のように(8月撮影)花々の咲く、明るい清潔な広場へと変身しました。 また、今年のような雨の少ない夏はどこでも水に苦労しますが、こちらでは幸運なことに、近所のお宅のご好意で、お水をいただいているとか。やっぱり、隣人やご近所の協力ってありがたいですネ。


ページの先頭へ

特別養護老人ホーム美香苑の花々

9月も半ばを過ぎ、秋の気配を感じられるようになり、暑い夏を乗り越えた植物たちもホッと一息ついているようです。
施設長さんが「今年は雨が少ないせいか余りキレイに咲いていませんが」と案内してくれた明るい南向きの庭内には、それでも、サルビアの赤、セージの紫、ベゴニアの艶々の緑の葉、色鮮やかな松葉ボタン・・・等の花々がそこかしこに。 忙しい仕事の合間に、職員の方々が植栽や手入れをしているそうで、優しい心遣いがうかがえます。

八千代中央駅コンビニ前コンクリート花壇

つい2~3ヶ月前は、冬の状態だった駅前花壇。それがある時、パッと明るい色彩豊かな花壇に衣替え。どなたが植栽・管理をしているのかと、思い切って自転車整理員の方に伺うと 「この場所はずっと放置された儘だったが、仲間の一人が苗を用意し手入れをしている。」とのこと。時々、駅前を通ると、自転車整理の合間にゴミを片づけたり、 草を抜いたりと手入れをしている皆さんを見かけます。駅前が花いっぱいになったことで、街の印象が今まで以上に明るくなりました。


ページの先頭へ

花見川の土手を美しくする会

花たち1花たち2花たち3

花見川の勝田台寄り、京成線の鉄橋から下流に向かって600mの間の土手が活動場所となります。 発足は平成16年。平成18年には、河川管理者である県の千葉地域整備センターと公共施設のアダプト制度について合意し、地域の環境美化・保全活動について任されることになりました。 平成22年にはNPO法人に。現在、メンバーは約70人になります。 7月22日、この日は50人ほどの皆さんが参加し、男性は主に草刈り機を使用しての作業、女性は鎌を使っての作業を担当。中には自前の草刈り機を器用に操る女性も。 土手の傾斜地から滑り落ちない様に注意して、更に点在しているコスモスの幼苗を刈り取らない様に気をつけて作業を進めます。 夏から秋にかけこうした作業を続けて、やっと、色とりどりのコスモスが咲く秋の土手の景色を楽しむことができるようになります。


ページの先頭へ

愛宕みどり会

花たち1花たち2

八千代市と習志野市の市境へと続く小道。
両脇にはアジサイやオトギリソウ、サツキやサルビアなど様々な季節の花が通る人の目を楽しませてくれています。
ここも以前は道を塞いでしまうほどの雑草におおわれ、ゴミの投棄などが目立っていたのですが、草花を植え、綺麗にしてからは、そんな事もなくなりました。

ページの先頭へ

高津ローズタウン自治会管理花壇-今と昔

12年前の現地整地後植栽花壇今

元々は①の写真の通り、草の生い茂る鉄塔周辺遊閑地でした。
そこを12年前、自治会が所有者と「返還請求時には更地に戻すと」の約束を交わし借用。コンクリートブロックで土留めをし、トラック3回分の土を入れ、②のように整地し、花々を植栽しました。
そして、平成24年5月1日(火)。 取材の為現地へ行くと、そこは、幾何学模様にデザインされたステキなパンジーの花壇になり、更に自治会館の裏手にはオモトなどがきれいに植栽されていて、日々の手入れの良さがうかがえました。

村上団地東住宅管理組合の花たち

花たち1花たち2

4月中旬、取材に伺うと、黄色や紫のパンジーの花々が丁度最盛期。12月に、380ポットの苗を自治会の皆さんが手分けして植栽したものです。道路沿いのプランター。場所によっては、車がぶつかって欠けたり、つぶされたり。 そんな過酷な環境の中、皆さんの努力で美しい花を咲かせていました。また、所どころ、花好きの皆さんが手入れされたのでしょう、チューリップやスイセン等の可愛らしい一画が。
ページの先頭へ

グランコート八千代緑が丘-ステキなエントランス

ステキなエントランスステキなエントランスステキなエントランス

今年はいつもの年より春の訪れが遅く、咲きかけた花々も又、縮こまってしまっているようです。でも、3月も下旬。寒さも緩んできて、マンションの外を飾るパンジーたちも急に元気に。エントランスを入ると、手入れの行き届いたシクラメンやサクラソウの寄せ植えの鉢が冷たい大理石のイメージを和らげてくれました。 交通量の多い道路に面して建っているせいか、以前は、さまざまなゴミを投げ捨てられることが多く、住民の方々も頭を悩ませていましたが、綺麗に植栽管理をする様になって、その悩みも殆ど無くなったとのこと。 「清潔で美しい環境は美しい心を育てる」と云った意味の言葉があったように思いますが、住民の皆さんと管理人さんの日々の努力がつくり上げた素晴らしい環境は、マンションの方々だけでなく、近隣の皆さんすべての財産ともいえます。

蘇った木々―勝田台自治会第二公園美化協力団体の皆さん

勝田台第二公園 勝田台第二公園

上の写真の桜の木。よく見ると、幹の中央が削り取られ、中に白っぽい薬の跡が・・・。この桜以外にも数本の木が同じように手当をされています。幹の中にシロアリが巣食い、そのままでは枯れてしまうものを 団体の皆さんは、喰われた部分を丁寧に掻きとり、防腐剤を塗り、見事に蘇らせたのです。枯れそうだからとすぐに切り倒すのではなく、命あるものを大事にする心は、作業するそばで遊ぶ子どもたちにもさりげなく伝わっていることと思います。
ページの先頭へ

「きれいに咲きました!」―サンファミリーテニスクラブの皆さん

サンファミリーテニスクラブの皆さんサンファミリーテニスクラブの皆さん

勝田台7丁目の公園テニスコート脇の花壇。
サンファミリーテニスクラブの皆さんが、テニスの練習を楽しむ傍ら公園の花壇を交代で手入れをしています。
取材に伺った11月中旬、赤や黄色の小菊が丁度見頃をむかえた中、今年は暖かかったせいか、サルビアの花がまだ頑張って咲いていました。

八千代台自治会管理花壇

植栽植栽

八千代台自治会の管轄花壇は全部で6ヶ所。 12月6日、当日は2ヶ所の花壇の植栽をするところを見せて頂きました。土は既にフカフカに耕され、パンジーがやって来たらすぐにも植栽できる状態です。 公園の花壇では、3~4人でどんどん作業を進め、アッという間に更地が花畑に代わって行きました。一方、三角地の花壇ですが、以前植えられていたコギクが未だ元気に咲いているので、それを移植したあとをパンジー用のスペースとして充てています。 所どころにバラやカンナを配し、花が途切れることの無いように工夫してあります。

ページの先頭へ