トップページへ

2017「花と緑の写真コンクール」の入賞作品が決まる

 市内の緑豊かな潤いと安らぎを感じられる身近な生活空間を被写体とした「花と緑」をテーマに公募した2017「花と緑の写真コンクール」の入賞作品8点と審査員特別賞5点が決まりました。 作品はフルルガーデン2階の広場に12月4日から12月17日まで、各公民館には1月10日から巡回し展示されます。今年は個人一般の部に56人、子どもの部に73人、このほか団体部門には3団体が作品を寄せられました。 厳正なる審査の結果、下記の皆様の作品が入賞されました。誠におめでとうございます。 一般の部の最優秀賞を受賞した大和久勝さんの「カサブランカ乱舞」は、朝早く起きて日の出の斜光がカサブランカに当たる瞬間を狙った会心のショットの作品です。子どもの部の最優秀賞を受賞した柴田帆乃佳さんの「バッタが見つけた彼岸花」は、部活で疲れた帰宅後の散歩で一輪の空に向かって力強くも優しく咲く彼岸花を捉えた作品です。 団体の部の最優秀賞を受賞した、八千代市立東高津中学校の「春爛漫」は、4月新入生を歓迎する「生命の樹」と名付けられた桜の木を中心とした花々の咲く中庭を捉えた作品です。 今後も日常生活の中で身近な「花と緑」を慈しみ、次回の写真コンクールに多くの作品が寄せられることを期待しております。

    [敬称略]
    個人部門(一般の部)
  •  最優秀賞 「カサブランカ乱舞」 大和久勝撮影
  •  優秀賞   「バラたちのおしゃべり」 鵜飼一美撮影
  •  優良賞   「長閑な春の日」 岩井時雄撮影
  •  審査員特別賞 「村上緑地公園の赤絨毯」 佐藤幸子撮影
  •  審査員特別賞 「散歩道」 永富映子撮影
    個人部門(子供の部)
  •  最優秀賞 「バッタが見つけた 彼岸花」 柴田帆乃佳撮影
  •  優秀賞   「きれいな花のけしき」 井口竣太撮影
  •  優良賞   「彼岸花の絨毯と母」 松丸清衣海撮影
  •  審査員特別賞 「花にとまっている蝶」 小苗代彩加撮影
  •  審査員特別賞 「シジミチョウの食事」 仙波咲弥撮影
    団体部門
  •  最優秀賞 「春爛漫(はるらんまん)」 八千代市立東高津中学校撮影
  •  優秀賞   「夏が好き」 勝田台中央公園美化活動同志会撮影
  •  審査員特別賞   「永遠(御衣黄桜)」 八千代高校 (写真部)撮影
  • ※ 優良賞においては、該当作品がありませんでした。

個人部門(一般の部)※ 各写真をクリックすると、より大きくしてご覧いただけます。

○○ ○○ ○○

最優秀賞「カサブランカ乱舞」  優秀賞「バラたちのおしゃべり」  優良賞「長閑な春の日」

      大和久勝             鵜飼一美               岩井時雄

○○ ○○

審査員特別賞「村上緑地公園の赤絨毯」                  審査員特別賞「散歩道」

      佐藤幸子                                    永富映子

個人部門(子供の部)

○○ ○○ ○○

最優秀賞「バッタが見つけた彼岸花」 優秀賞「「きれいな花のけしき」 優良賞「彼岸花の絨毯と母」

    柴田帆乃佳                 井口竣太             松丸清衣海

○○ ○○

審査員特別賞「花にとまっている蝶」              審査員特別賞「シジミチョウの食事」

     小苗代彩加                                仙波咲弥

団体部門

○○ ○○ ○○

最優秀賞 「春爛漫(はるらんまん)」 優秀賞 「夏が好き」  審査員特別賞 「永遠(御衣黄桜)」 

 八千代市立東高津中学校 勝田台中央公園美化活動同志会  八千代高校 (写真部)

 入賞作品及び最終選考の作品の展示を下記のとおり行います。

・フルルガーデン八千代の2階ベーカーズストリート跡

 平成29年12月4日(月)~平成29年12月17日(日)まで

・各公民館

 高津公民館 平成30年1月10日(水)から1月16日(火)

 阿蘇公民館 平成30年1月17日(水)から1月23日(火)

 勝田台公民館 平成30年1月24日(水)から1月30日(火)

 村上公民館 平成30年1月31日(水)から2月6日(火)

 大和田公民館 平成30年2月7日(水)から2月13日(火)

 睦公民館 平成30年2月14日(水)から2月20日(火)

 緑ヶ丘公民館 平成30年2月21日(水)から2月27日(火)

 八千代台東南公民館 平成30年2月28日(水)から3月6日(火)

 八千代台公民館 平成30年3月7日(水)から3月13日(火)

ページの先頭へ