トップページへ

2019彼岸花まつり

 9月中旬から10月上旬にかけて行なった彼岸花まつり。今年の観賞会は9月14日から23日までの10日間を期限として行ないました。 会場の一部には、例年ですと8月の下旬頃から咲き始める彼岸花よりも小振りなコヒガンバナが咲いていましたが、9月9日未明に襲った猛烈な風を伴う台風15号によって花や茎が根元から折れてしまうほか、大きな杉の倒木が数カ所園路を塞ぎ、至る所に落ちた小枝や枯れ枝が覆うなどの被害をもたらしました。 倒木処理や落ちた小枝や枯れ枝の撤去などグリーンサポーターや市の協力により14日の開会日には何とか間に合うことが出来ました。 しかし、肝心の彼岸花にあっては大幅に開花が遅れ、観賞会の期間が終わる9月23日の時点ではまだ芽が出揃っていない状況で、彼岸花の真っ赤なジュウタンを見ずに観賞会が終わってしまいましたが、期間中に訪れ募金のご協力までしていただいた約500人もの方々には、ボランティアの高校生やグリーンサポーター、そして職員がパネルを使って状況等の説明に努めました。 尚、10月1日、八千代市の彼岸花の満開の状況がNHKで放送されたことから、市外からの問い合わせをはじめ多くの方が観賞に訪れておりました。 千葉英和高等学校の生徒さん、グリーンサポーターの皆さん、そして、観賞に訪れた多くの皆様、本当にありがとうございました。

フェスタ写真フェスタ写真フェスタ写真