トップページへ

2017スイセンまつり

 萱田地区公園の池を囲む斜面地に、グリーンサポーター(市民ボランティア)と協働で植栽した8種類のスイセン。 発芽状況が思わしくなかったバンダムの球根を掘り起し、バンダムに替えて植栽したナンバーファイブの球根3,400球も咲き揃い、今年の「2017花のフェスティバル“ 第1弾”スイセンまつり」の観賞会が3月25日から4月2日にかけて行われました。  東京では桜の開花宣言が発表されても寒のもどりとなる雪交じりの雨が降るなど、観賞会を中止せざるを得ない日が2日も生じ、桜とのコラボレーションには恵まれなかった9日間でした。 しかし、朝日新聞の夕刊に掲載されたことなどから、多くの方が鑑賞に訪れ、清楚で凛と咲く白や黄色のスイセンを背景に写真を撮ったり、ベンチに座り話し込んだり思い思いに楽しんでいました。

フェスタ写真フェスタ写真フェスタ写真フェスタ写真