トップページへ

2016彼岸花まつり

9月中旬から10月上旬にかけて「2016花のフェスティバル 第3弾″」として行った「彼岸花まつり」。 細長く大きく反り返り妖艶で神秘的な魅力をかもしだす真っ赤な彼岸花は、村上緑地公園の中央に位置する起伏地に広がり、今では市内唯一の群生地となっています。 真っ赤な絨毯をイメージし植栽を始めて4年目を迎え、年を追うごとに分球した球根が花を咲かせるなど、一歩ずつ真っ赤な絨毯に近づいてくるのが解ります。 今年の観賞会(9月17日から25日)は、相次ぐ台風の発生や前線の影響から長雨が続く中での開催となりましたが、木立の中の真っ赤な彼岸花に誘われたかのように現れる黒いジャコウアゲハの彼岸花に止まる瞬間をとらえ、訪れた多くの皆様がカメラのシャッターを押していました。 また、子供たちもグリーンサポーター(市民ボランティア)が作った竹細工の竹トンボを飛ばしたり、うぐいす笛を吹きながら散策するなど、一足早い秋の訪れを感じていました。

フェスタ写真フェスタ写真フェスタ写真フェスタ写真フェスタ写真